• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 日記だよん♪
  • 週替り日記ですね。今週担当のロム虫です。
    ちょっとイサさん週替りつっても二週間ぐらい空いちゃってるじゃないですか~!

    はい。

    まだ纏まった情報を僕は出せないので、普通の日記書きます。


    本当は昨日日記書くつもりだったんですよ。ねこたんさんの日からはぴったり二週間ですし。
    しかし、まさかの体調不良。喉が痛い体がだるいの二重奏です。
    しょうがないのでゲームして寝ました。
    そして今日です。
    ゲームしてました。

    こんなもんですね、日記といっても。
    特に先週一週間はずっと体調不良で家から出ませんでしたし?
    そうなれば何も出来事らしい出来事って起きませんし?


    しょうがないので美味しいカレーの作り方でも書いておきます。

    はい、追記はおいしいカレーの作り方ですよ。
    僕流のおいしいカレーの作り方はちょっと特殊な奴なので、実はあんまり万人受けする旨さではないです。
    かなりクセのある仕上がりになるので、試したい方だけがどうぞお試しください。

    ロム虫流カレー(スープタイプ)作り方
     ☆材料☆
    にんじん  …  一本
    豚肉細切れ  …  100g
    鶏肉細切れ  …  100g
    バター  …  20g
    ケチャップ  …  適当
    ブイヨン  …  適当(場合によっては代用として玉ねぎ半玉から一玉)
    オールスパイス  …  適当
    クミン  …  適当
    カイエンペッパー  …  適当
    ガーリックパウダー  …  適当
    ブラックペッパー  …  適当
    塩  …  適当
    ナツメグ  …  微量
    オリーブオイル  …  適宜使用

     ☆作り方☆
    まずは人参をブロックサイズに切ります。

    続いて肉類を纏めて包丁の背で叩いて柔らかくします。
    この肉類だけを別のボールにまとめ、スパイスを混ぜあわせます。
    この時、スパイスはブラックペッパーやクミン、カイエンペッパーを中心に刺激的なものを選びます甘い香りのものは適量、バランスを調整するように加えるといいでしょう。

    肉類の下ごしらえができたら、鍋にオリーブオイルを十分に敷き、人参を炒めていきます。
    火が通り始めたら、人参を少し避けて、できたスペースにバターを入れます。焦がしつつ人参と馴染ませて行きましょう。
    十分にバターが馴染んだら、次はケチャップです。ケチャップを焦がしつつ人参に馴染ませて下さい。
    人参が柔らかくなり、2つに割れるぐらいまで火が通ったら、オールスパイスとナツメグを中心に甘い香りを付けて下さい。

    鍋の中を馴染ませたところで、肉類を投入します。存分に混ぜあわせつつ、表面の色が全体的に変わりきるまで炒めて下さい。
    ちなみに、これらの材料は後で鍋に投入します。スープの辛さもほとんどこの時点で決まるので、カイエンペッパーはこの段階で好みの量を調整して入れておきましょう。チリソースなどを使い、酸味を加えつつ辛さ調整をするのもアリです。

    肉類の色が変わったら、火を止め、中身を別のお皿に移しておきます。鍋は洗わないまま、お湯を入れ、煮立たせます。この段階でブイヨンを加えておきましょう。
    ブイヨンを使わない場合は玉ねぎを使います。お湯を入れる前に玉ねぎをみじん切りにし、十分に炒めた後、同じようにお湯を入れて煮立たせましょう。

    スープが煮立ったところで、予め準備し、別に分けていた具材を一気に投入します。少しだけ煮込み、スープと具材が馴染むまで熱を通したら完成です。



    こうして完成したカレーですが、肉は刺激的な香りがソテーされたことにより閉じ込められ、人参は甘みの元に、ブイヨンと肉汁が旨みを出してくれます。個人的には非常にバランスの良い味になります。
    オールスパイスによりかなり香りが甘いので、味的にはカイエンペッパーで激辛にしておくとさらに美味しいかと思います。
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://circlegyokuken.blog11.fc2.com/tb.php/53-1b1ed898
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。